一般財団法人日本法律家協会



一般財団法人日本法律家協会

日本法律家協会とは

日本法律家協会は、新憲法が制定され、司法の独立と民主化の黎明を迎えた昭和27年、裁判所、検察庁、弁護士会、法学界の4者が、それぞれの立場を貫きながら相互に理解と協調の精神を以て民主的な司法を構築すべく創立されました。爾来、協会の所期の理念を忘れることなく着実に歩みを続けて来ました。しかし、60年余年の時を経て、社会は文明化し、グローバル化して、人々の価値観も多岐に分かれ、大きな変化を示しています。協会は、その目的と使命をさらに自覚して、会員の増を図り、健全な財源の確保に向けて尽瘁してまいります。

About Japan Bar Association

Japan Bar Association is a non-profit organization of lawyers (judges, prosecutors, attorneys, academics) established in 1948 for the purpose of promotion of judiciary, enhancement of legal profession, progress of academic studies.

Welcome to the Japan Bar Association website. Please click on the appropriate index item to get more information about membership, activities and services of the Association. We would be delighted to receive your comments on how we can improve this website.
About Japan Bar Association in

トピックス

【日法協実務基本セミナー2019】の開催

テーマ「家事あれこれ」

一般財団法人日本法律家協会では,主として若手法曹が身に付けるべき実務の基本に関するセミナーを開催しています。今回は「家事事件」を取り上げます。当日は,裁判官及び弁護士から,それぞれの経験を踏まえた実践的な講義とともに,パネルディスカッションでは,依頼者との接し方に始まり,夫婦関係事件の勘所を中心に話題にいたします。普段は質問しにくい疑問にもお答えしたいと思います。多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

日 時 
2019年7月4日(木)午後6時30分~
場 所 
法曹会館(千代田区霞が関1-1-1)
2階「高砂の間」
内 容

レクチャー

松 谷 佳 樹 横浜家庭裁判所部総括判事(38期)
「家事事件のマインドとスキル」
中 里 妃沙子 弁護士(47期)
「法律相談で目指すもの」

パネルディスカッション

<司会>濱 口 博 史 弁護士(48期)
<パネリスト>
松 谷 佳 樹 横浜家庭裁判所部総括判事(38期)
中 里 妃沙子 弁護士(47期)
香 川 礼 子 東京家庭裁判所判事(54期)
西 浦 善 彦 弁護士(62期)

会場との質疑応答

参加費
無料
※ なお,終了後,軽く飲食しながらの講師を囲んだ談話会(40分程度:参加費500円)を開催します。
申込み
※「参加申込書」にてメール又はFAXでお申し込みください。

日本法律家協会事務局 宛

(FAX: 03-3506-8570)
(E-mail: nippokyo@w2.dion.ne.jp

新着情報