一般財団法人日本法律家協会



一般財団法人日本法律家協会

日本法律家協会とは

日本法律家協会は、新憲法が制定され、司法の独立と民主化の黎明を迎えた昭和27年、裁判所、検察庁、弁護士会、法学界の4者が、それぞれの立場を貫きながら相互に理解と協調の精神を以て民主的な司法を構築すべく創立されました。爾来、協会の所期の理念を忘れることなく着実に歩みを続けて来ました。しかし、60年余年の時を経て、社会は文明化し、グローバル化して、人々の価値観も多岐に分かれ、大きな変化を示しています。協会は、その目的と使命をさらに自覚して、会員の増を図り、健全な財源の確保に向けて尽瘁してまいります。

About Japan Bar Association

Japan Bar Association is a non-profit organization of lawyers (judges, prosecutors, attorneys, academics) established in 1948 for the purpose of promotion of judiciary, enhancement of legal profession, progress of academic studies.

Welcome to the Japan Bar Association website. Please click on the appropriate index item to get more information about membership, activities and services of the Association. We would be delighted to receive your comments on how we can improve this website.
About Japan Bar Association in

トピックス

講演会のご案内

日本法律家協会関東支部では、下記のとおり公開の「講演会」を開催いたします。日本では、子どもの貧困や格差、離婚や別居に伴う面会交流、養育費などの紛争が増えてきています。そこで、この分野の実務にも造詣が深い棚村政行先生(早稲田大学法学学術院教授)をお迎えして、日本の子ども養育支援の現状と課題、諸外国での子どもの養育支援の実情や取組みを参考に、日本での子ども養育支援基本法の提案を含めた法整備、社会的支援の充実に向けたお話をしていただくことにいたしました。
参加御希望の方は、「参加申込書」にて、FAX又はメールでお申し込みください。

日 時 
平成31年2月23日(土)午後3時30分から
会 場 
法曹会館 2階「高砂の間」
住所:東京都千代田区霞が関1-1-1
電話:03-3581-2146
講演者等
早稲田大学法学学術院教授 棚村 政行
テーマ:「子ども養育支援基本法の制定を目指して」(仮)
参加費 
無料
申込み方法
※「参加申込書」にてメール又はFAXでお申し込みください。

日本法律家協会事務局

〒100-0013 東京都千代田区霞が関 1-1-1

E-mail: nippokyo@w2.dion.ne.jp
FAX: 03-3506-8570

新着情報