日本法律家協会は協会は、会員の増を図り、健全な財源の確保に向けて尽瘁してまいります。


詳細ページ

第204号 2022年2月

特集「ビジネスと人権」
  • <巻頭言> 大石眞「正確を期することーあるいはその難しさについて」

第1部 座談会

「ビジネスと人権」
 濵本正太郎/荒井 勝/大村恵実/富山未来仁/長谷川知子/若林秀樹


第2部 論文
  • 菅原絵美 「国連ビジネスと人権に関する指導原則の登場と展開」
  • 北島敬之 「サステナビリティと企業内法務」
  • 絹川健一 「英国現代奴隷法の政府方針と改正案にみるサプライチェ
    ーンの透明化をめぐる国際的潮流」
  • 高橋大祐 「サプライチェーンを通じた人権デュー・ディリジェンスの実務と法律家の役割」
  • 佐藤暁子 「人権デューディリジェンスの欧州での展開~人権リスクに対する実効性ある取り組みへの模索」 
  • 山田美和 「ビジネスと人権に関する国連指導原則にもとづく国家行動計画の意義と課題」
  • 山下朝陽 「気候変動とビジネス:金融・企業法の果たすべき役割について」

<判例研究> 
  • 小山泰史  最一小判令和2年7月9日 「損害賠償請求事件」
  • 永石一郎  最三小判令和2年9月8日 「請負代金請求事件」
<編集後記>

戻る