日本法律家協会は協会は、会員の増を図り、健全な財源の確保に向けて尽瘁してまいります。


詳細ページ

第201号 2021年5月

特集「国際仲裁・国際調停の活性化に向けて」
  • <巻頭論文> 青山善充「日本の国際仲裁の活性化をいかに実現するか」

第1部 座談会
「日本における国際仲裁の活性化に向けて」

柏木 昇/出井直樹/小倉 隆/小原淳見/髙畑正子/手塚裕之/道垣内正人/増見淳子



第2部 論文   
  • 小幡 忍 「日本における国際仲裁不振の原因と対策」
  • 児玉実史 「中堅・中小企業の海外進出と国際仲裁」
  • 板東一彦 「国際仲裁のファクトフルネスと我々の挑戦」
  • 早川吉尚 「国際仲裁に関するわが国の新たな取組みー日本国際紛争解決センターについてー」
  • 古田啓昌 「仲裁法制の改善の方向」
  • 前田葉子 「国際仲裁の飛躍的発展の条件―物的・人的条件を中心として」
  • 神吉康二 「国際仲裁の活性化についての政府の取組」
  • 山崎卓也 「国際スポーツ仲裁の新トレンドが生む無限の可能性~業界内仲裁が「国際人権裁判所」になる時代~」
  • 岡田春夫 「日本における国際調停の現状と課題―京都国際調停センターについて」

<協会短信>
<編集後記>

戻る