日本法律家協会は協会は、会員の増を図り、健全な財源の確保に向けて尽瘁してまいります。


詳細ページ

第198号 2020年7月

特集・民法(相続法)の改正と実務
  • <巻頭言> 岡部喜代子「相続法改正に寄せて」

第1部《座談会》
  • 「相続法の改正と実務の在り方」
    大村敦志/金澄道子/窪田充見/堂薗幹一郎/水野有子

第2部《論文》
  • 浅田 隆  「相続法改正と銀行実務」
  • 平田直人  「相続法改正に顕れる家庭裁判所の実務と役割」
  • 加藤祐司  「相続法改正と弁護士実務―遺言執行者についてー」
  • 藤原道子  「相続法改正と弁護士実務―遺留分についてー」
  • <民事法判例研究>
  • 中村 肇  最三小判令和元年8月27日
    「相続開始後の認知と民法910条に基づく価額支払請求の算定の基礎となる遺産の価額」
  • 中村英雄  「“社会を明るくする運動”に寄せて」」
  • <編集後記>

戻る