日本法律家協会は協会は、会員の増を図り、健全な財源の確保に向けて尽瘁してまいります。


詳細ページ

第194号 2019年7月

特集・裁判員制度10周年
  • <巻頭言> 永井敏雄「制度を活かす実務の工夫―裁判員制度の10年」

第1部《座談会》
  • 「裁判員制度10周年を迎えて」
    堀江慎司/安東 章/神山啓史/酒巻 匡/和田雅樹

第2部《論文》
  • 川出敏裕 「裁判員制度の成果と課題」
  • 島田 一 「裁判員制度導入による刑事裁判の変革と課題について」
  • 西谷 隆 「検察官から見た裁判員裁判の運用面における課題」
  • 宮村啓太 「裁判員制度の下での今後の課題」 
  • <関連資料>
  • 岡村 勲 「犯罪被害者と裁判所」
  • 佐々木武則 第69回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ
  • 永石一郎 <判例研究>「遺留分減殺請求事件 最高裁判所第二小法廷平成30年10月19日判決」
  • 編集後記

戻る