一般財団法人日本法律家協会


新着情報

2018.07.24

「法の支配」191号掲載の「座談会」を開催しました。

191号の特集テーマは「家庭裁判所の現状と課題」です。
7月7日(土),日本法律家協会会議室において,家庭裁判所の実務の実情についてご経験,ご造詣が深い西岡清一郎元広島高等裁判所長官(司会),棚村政行早稲田大学教授,相原佳子弁護士,青木 晋東京家庭裁判所判事(家事所長代行)の各氏により,「今家庭裁判所に求められているもの」というテーマで,特に人事訴訟事件と家事審判事件,調停事件に焦点を当て,家庭裁判所の実務の状況と当面の課題,今後の家庭裁判所の実務の在り方などについて率直にお話をいただきました。

座談会写真

2018.04.12

「法の支配」190号掲載の「座談会」を開催しました。

190号の特集テーマは「民法(債権関係)改正と裁判実務です。
4月15日(日),日本法律家協会会議室において,潮見佳男京都大学教授(司会),片山直也慶應義塾大学教授,畑 瑞穂東京大学教授,高須順一弁護士,岡崎克彦東京地方裁判所判事の各氏により,改正債権法について,その改正が裁判実務とそれを支える理論にどのような影響を与えるかという観点から,債権者代位権,詐害行為取消権,相殺,債権譲渡の各論点を取り上げ,それぞれのお立場でお考えを語っていただきました。

法の支配座談会

2017.12.20

「法の支配」189号掲載の「座談会」を実施しました。

189号の特集テーマは「超高齢社会と法」です。
12月9日(土),日法協会議室に於いて,高齢者問題の専門家である樋口範雄武蔵野大学教授(司会),鎌田実東京大学新領域創成科学研究科教授,秋山弘子東京大学高齢社会総合研究機構特任教授,飯島勝矢同機構教授,西岡清一郎弁護士の各氏により,高齢社会で技術の進展に伴う事故とその法的責任のあり方,高齢者の人権,より大きな制度的課題等について,それぞれのお立場から語っていただきました。

topics_171220

2017.10.23

「法の支配」188号掲載の「座談会」を実施しました。

188号の特集テーマは「司法の国際化―LAWASIA東京大会2017」です。
10月16日,1600人超の参加を得て盛会のうちに閉幕した同大会で,プログラム委員会の委員長を務められた矢吹公敏弁護士(司会),部会長として活躍された東澤靖弁護士,武藤佳昭弁護士,池田順一弁護士,榊原美紀弁護士の各氏により,担当されたセッションの振り返りや大会全体を通じての感想などを熱く語っていただきました。

topics_171023

2017.10.05

「法の支配」187号掲載の「座談会」を実施しました。

187号の特集テーマは「行政不服審査の展開と課題」です。
9月29日(金),日法協会議室に於いて,宇賀克也東京大学教授(司会),市村陽典行政不服審査会会長,堀江宏之総務省大臣官房審議官,中村健人弁護士の各氏により,「行政不服審査法改正と実務」をテーマに,それぞれのお立場から語っていただきました。

topics_171005

2017.05.18

「法の支配」186号掲載の「座談会」を実施しました。

186号の特集テーマは「コーポレートガバナンス」です。
5月13日(土),日法協会議室に於いて,神作裕之東京大学教授(司会),藤田友敬東京大学教授,田原泰雅金融庁企業開示課長,杉山忠昭花王(株)執行役員,武井一浩弁護士の各氏により,「コーポレートガバナンスと2つのコード(コーポレートガバナンス・コードとスチュワードシップ・コード)」をテーマに,2つのコード策定の経緯・背景・目的,コーポレートガバナンスに対する2つのコードの影響,コーポレートガバナンス改革の方向性,我が国のコーポレートガバナンスの改善に向けた課題等について,それぞれのお立場から語っていただきました。

topics_170518