日本法律家協会は協会は、会員の増を図り、健全な財源の確保に向けて尽瘁してまいります。


詳細ページ

第181号 2016年4月

特集・司法活動の国際的展開
  • <巻頭言>鈴木五十三「国際民事紛争の解決と司法の国際化」

第1部《座談会》
  • 「グローバリズムの中の日本司法の課題」
    小泉淑子/荒中/大本俊彦/川村明/茅野みつる/南敏文

第2部《論文》
  • 濱田邦夫「司法活動を担う法曹に期待する」
  • 堀田次郎/葛西功洋「「グローバル化の中で裁判所が直面する課題①
    - 国際倒産事件の現状と裁判所が直面する課題 -」
  • 和波宏典「「グローバル化の中で裁判所が直面する課題 ②
    - 国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の締結を踏まえて-」
  • 大原義宏「「刑事司法の国際化- 刑事に関する国際協力の現状と検察の国際化について」
  • 武藤佳昭「中小企業の海外展開への法的サポート 弁護士による支援の意義」
  • 赤根智子「法整備支援の現状と課題~法務総合研究所が関与する法整備支援を中心に」
  • <判例研究>奈良輝久「非上場会社が株主以外の者に発行した新株の発行価額が商法(平成17年法律第87号による改正前のもの)280条ノ2第2項にいう「特ニ有利ナル発行価額」に当たらない場合」最判平成27年2月19日民集69巻1号51頁
  • <判例研究>円谷峻「親権者が監督義務を懈怠しなかった事例」最判平成27年4月9日民集69巻3号455頁
  • 編集後記

戻る