諸活動

1 日本法律家協会は司法の発達、法曹の向上及び法学の進歩を図ることを目的としています。
2 協会は上記の目的を達成するため、次の事業を行っています。
(1) 司法、法曹及び法学に関する調査研究
(2) 機関誌等(「法の支配」と「窓」)の発行及び資料の刊行
(3) 研究会、講演会その他の集会の開催
(4) 外国の法曹との交流
(5) その他協会の目的を達成するために必要な事業
3 活動状況
協会は機関誌「法の支配」を年4回、会誌「窓」を年2回発行し、会員に無償配布するほか、本部及び各支部において、毎年定時総会を開き、また講演会・見学会・親睦会・見学旅行等の行事を開催したり、外国法曹との交流を図るなど、諸活動を展開しています。これまで行ってきた諸活動の主なものについて、「日本法律家協会の略史」をご覧ください。